メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外朝乃山が初優勝 三役未経験58年ぶり
くらしの明日

私の社会保障論 外国人労働者=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

社会保障の総体を問う

 海外で働く際、母国と相手国との両方の年金制度に強制加入のケースが出る。

 互いに相手国だけで加入し保険料の二重払いを避け、母国での加入期間との合算もできる。そんな日本の「社会保障協定」は、2000年のドイツから始まり今年8月発効のフィリピンまで計18カ国。さらに協定署名済みは中国など3カ国。交渉・予備協議中はトルコ、ベトナムなど5カ国。

 「外国人技能実習生」は年金制度では不利だった。おおむね厚生年金に加入し、任意適用の職場では国民年金…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1108文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  3. 安倍首相、トランプ氏を六本木の炉端焼きで接待へ
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです