メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄剤注射

全国高校駅伝23日/中 心むしばむ摂食障害

 「あのまま続けていたら死んでいたかもしれない」。全国高校駅伝の常連校から強豪実業団で活躍した20代の元女子選手は摂食障害に苦しんだ5年間の選手生活を振り返った。

 症状のピークは実業団2年目の時。1日に3回体重を計測し、100グラムでも増えれば指摘された。不眠症になり、理由もなく涙が流れた。不安から逃れるため、大量に食べては吐き出す「過食嘔吐(おうと)」がエスカレートした。元選手は「コンビニを数軒巡り、リュック、両手の袋がいっぱいになるほどの食材を買い込んだ」。それらを短時間で完食し、消化される前に一気に吐く。全日本実業団対抗女子駅伝では区間賞に迫る好記録を出したが、そのレースを最後に20歳という若さで引退した。

 症状が出始めたのは高校生の時。1年生で全国高校駅伝を走り、監督から「来年からは(エースの)1区だ」…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1247文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです