メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/2 被災地訪問、心一つに 兵庫県立大理事長・五百旗頭真さん(75)

北海道南西沖地震の被災地を訪れ、被災者に声をかけられる天皇、皇后両陛下=北海道の奥尻島で1993年7月27日

五百旗頭(いおきべ)真さん

 --五百旗頭さんは、天皇陛下に何度も会い、専門である政治外交史のほか、災害についても進講をしてきました。東日本大震災後の2011年7月には「復興構想会議」の議長としてまとめた提言を説明されました。

 ◆宮内庁から話があり、議長代理の御厨(みくりや)貴さん(東京大学客員教授)と検討部会長の飯尾潤さん(政策研究大学院大学教授)の3人で高台移転や産業復興などのプランを説明しました。陛下は皇后さまと既に3月後半から被災者を見舞っておられ、実情をよくご存じでした。

 --陛下はどういった考えで、災害の被災地を訪ねているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1192文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです