メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/2 被災地訪問、心一つに 兵庫県立大理事長・五百旗頭真さん(75)

北海道南西沖地震の被災地を訪れ、被災者に声をかけられる天皇、皇后両陛下=北海道の奥尻島で1993年7月27日

五百旗頭(いおきべ)真さん

 --五百旗頭さんは、天皇陛下に何度も会い、専門である政治外交史のほか、災害についても進講をしてきました。東日本大震災後の2011年7月には「復興構想会議」の議長としてまとめた提言を説明されました。

 ◆宮内庁から話があり、議長代理の御厨(みくりや)貴さん(東京大学客員教授)と検討部会長の飯尾潤さん(政策研究大学院大学教授)の3人で高台移転や産業復興などのプランを説明しました。陛下は皇后さまと既に3月後半から被災者を見舞っておられ、実情をよくご存じでした。

 --陛下はどういった考えで、災害の被災地を訪ねているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです