メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/2 被災地訪問、心一つに 兵庫県立大理事長・五百旗頭真さん(75)

北海道南西沖地震の被災地を訪れ、被災者に声をかけられる天皇、皇后両陛下=北海道の奥尻島で1993年7月27日

五百旗頭(いおきべ)真さん

 --五百旗頭さんは、天皇陛下に何度も会い、専門である政治外交史のほか、災害についても進講をしてきました。東日本大震災後の2011年7月には「復興構想会議」の議長としてまとめた提言を説明されました。

 ◆宮内庁から話があり、議長代理の御厨(みくりや)貴さん(東京大学客員教授)と検討部会長の飯尾潤さん(政策研究大学院大学教授)の3人で高台移転や産業復興などのプランを説明しました。陛下は皇后さまと既に3月後半から被災者を見舞っておられ、実情をよくご存じでした。

 --陛下はどういった考えで、災害の被災地を訪ねているのでしょうか。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです