メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

被災地の訪問

〓天皇陛下が即位して最初に被災地を訪問されたのは1991年7月、雲仙・普賢岳の火砕流被害にあった長崎県だった。皇后さまとともに避難所の体育館で腰を落とし、一人一人と目線を合わせて会話する姿が国民に大きな印象を残した。北海道南西沖地震(93年7月)や阪神大震災(95年1月)などでも同じで、「平成流」と…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです