メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「優生」推進を撤回 日本衛生学会提言へ 66年ぶり

 旧優生保護法下で優生政策の普及を図った日本衛生学会(大槻剛巳理事長)は、障害者らが増える「逆淘汰(ぎゃくとうた)」を危惧し、人口抑制策として強制不妊手術などを後押しした国への建議を66年ぶりに撤回する方針を決めた。近く「優生思想の排除を宣言する」と明記した少子化対策の提言書を公表する。旧法に基づく強制不妊の推進には精神医学や社会科学分野などの複数の学会が関与したが、公式に過ちを認めるのは初めて。他の学会の自己検証が広がる契機となりそうだ。

 日本衛生学会は1902年に前身団体が発足し、旧法施行翌年の49年に現名称になった。人々の健康を考える学会として医学や環境学、栄養学などの研究者ら約1500人が所属する。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです