日産とルノー幹部、8年前に報酬隠し計画 仏紙報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カルロス・ゴーン容疑者
カルロス・ゴーン容疑者

 フランスの経済紙レゼコー電子版は19日、日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)を巡る不明朗な会計処理の計画を示す日産の内部文書を入手したと報じた。前会長とともに逮捕された前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)と仏自動車大手ルノーの幹部が前会長の高額報酬開示を回避するため、オランダにある両社の統括会社経由で前会長に追加報酬を支払う方法を模索。仏国内法で開示義務が生じる可能性があり最終的に断念したが、両社幹部が協力…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集