メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家を活用し託児所に 移住者のシェアハウス兼ね 気仙沼のNPO

施設を計画している空き家と半沢さん(左)、村松さん(右)=宮城県気仙沼市で2018年12月12日、新井敦撮影

 宮城県気仙沼市でゲストハウスを運営するNPO法人「Cloud JAPAN(クラウドジャパン)」が、市中心街の空き家を託児所とシェアハウスに活用する準備を進めている。地元の子育て中の母親と移住者らが協力し、若い母親たちや、市内への移住を希望する人たちの支援をしていく計画だ。【新井敦】

 同法人は東日本大震災後、気仙沼でのボランティア活動がきっかけで、移住者らを中心に設立。2017年1月から市内で「ゲストハウス架け橋」を運営している。架け橋では絵本カフェを開き、子育て中の母親が交流する場を作ってきた。カフェのスタッフも母親たちで現在は6人が働いている。

 これまでの活動で、震災を機に気仙沼に移住する若者が増えたものの、住居の条件や働く環境が自分に合わず、2~3年で離れてしまう傾向があるという課題が見えてきた。また、市内の若い母親からは「子どもを預けやすい場所がない」などの声も寄せられるようになった。同法人が今年、子育て中の137人に調査したところ、約7割が「子育てしにくい」と回答したという。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです