障害のある人と育った「きょうだい」へ 弁護士らが交流サイト

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
障害のある人と育った兄弟姉妹向けサイトを運営するメンバーの一人で、自身も聴覚障害のある弟がいる藤木弁護士=東京都豊島区で、蒔田備憲撮影
障害のある人と育った兄弟姉妹向けサイトを運営するメンバーの一人で、自身も聴覚障害のある弟がいる藤木弁護士=東京都豊島区で、蒔田備憲撮影

 障害のある人と育った兄弟姉妹が、インターネット上で思いを共有できるようにしようと、弁護士らが専用サイト「Sibkoto(シブコト)」(https://sibkoto.org/)を開設した。4月のサイト開設以降、会員数は300人以上に増えた。共同運営者の一人、藤木和子弁護士(東京弁護士会)は「率直に語り合える場に」と話す。【蒔田備憲】

 障害のある人の兄弟姉妹は、平仮名表記で「きょうだい」や「きょうだい児」と表現される。親から過度な期待を寄せられたり、心理的な虐待や育児放棄(ネグレクト)を経験したりするなど、生きづらさを経験することも少なくないという。こうした人たちが気軽に集い「自分らしく発言、交流できる場をつくろう」と企画されたのが「シブコト」だ。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文666文字)

あわせて読みたい

ニュース特集