メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

パリ協定目標、広がる理想と現実のギャップ

 2020年に始まる地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」。頻発する異常気象などを背景に、産業革命前からの世界の平均気温上昇を「1.5度」にとどめることを目指す「努力目標」実現を求める声が高まる。だが、ポーランドで開催中の国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)では「1.5度」を巡る締約国間の姿勢の違いが表面化。世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2年連続増加の見通しで、理想と現実のギャップは広がるばかりだ。

 15年に採択されたパリ協定は、産業革命前からの気温上昇を「2度未満」にすることを目指し、「1.5度…

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです