メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

パリ協定目標、広がる理想と現実のギャップ

 2020年に始まる地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」。頻発する異常気象などを背景に、産業革命前からの世界の平均気温上昇を「1.5度」にとどめることを目指す「努力目標」実現を求める声が高まる。だが、ポーランドで開催中の国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)では「1.5度」を巡る締約国間の姿勢の違いが表面化。世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2年連続増加の見通しで、理想と現実のギャップは広がるばかりだ。

 15年に採択されたパリ協定は、産業革命前からの気温上昇を「2度未満」にすることを目指し、「1.5度…

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです