「ジャズの父」ブルーノート閉店へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「マスターに出会わなければジャズ界にいなかった」。大阪音楽大学(大阪府豊中市)のすぐそばにある老舗のジャズ喫茶店「ブルーノート」が開業50年を目前に、12月いっぱいで閉店する。多くの学生が来店を機にジャズに関心を抱き、プロのジャズ奏者として育った。そのうちの一人のジャズピアニスト、石井彰さん(55)=大阪音大特任教授=が12日、感謝を込めたライブを開き、集まった常連客や音大生が「ブルーノート」の記憶を胸に刻んだ。

 元サクソフォン奏者の菅原乙充(おとみつ)さん(81)がブルーノートを開店したのは1969年6月。はじめはレコード、近年はCDのジャズが流れ、その中でサイホンコーヒーを味わう。壁には菅原さんが手描きしたマイルス・デイビス、デューク・エリントンら著名なジャズ奏者の肖像画が掛けられている。アルコール、食事類はなく、ジャズが中心の店だった。

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1410文字)

あわせて読みたい

注目の特集