メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高1自殺、いじめの可能性 三重県教委が結果公表へ

 三重県教育委員会は19日、県立高校1年の男子生徒(16)が8月に自殺し、いじめが原因だった可能性があると発表した。いじめ防止対策推進法の「重大事態」に当たるとして、21日に第三者で構成する県いじめ対策審議会を開いて調査を進め、結果を公表する。

 2014年3月の同審議会設置以降、いじめの疑いで死亡した生徒に関する話し合いが行われるのは初めて。

 県教委によると、男子生徒が自殺したのは夏休み中の8月19日。遺書は無かったが、生徒のスマートフォン…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文625文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです