宮原5連覇か紀平初Vか フィギュア全日本選手権21日開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】宮原知子【右】紀平梨花
【左】宮原知子【右】紀平梨花

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の代表最終選考会を兼ね、男女各3人の出場枠を巡る争いとなる。

 女子は初優勝を狙う16歳の紀平梨花(関大KFSC)が頭一つ抜けている。グランプリ(GP)ファイナルで平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)に勝ち、初出場優勝した。シニアデビュー後、破竹の勢いで国際大会4戦全勝で、トリプルアクセル(3回転半)をはじめとするジャンプだけでなく、スピン、ステップも優れている。

 大会4連覇中の宮原知子(関大)はNHK杯とファイナルで紀平に敗れたが、表現力などの評価は高い。ファイナルで回転不足をとられたジャンプを短期間で立て直せるかが5連覇へのカギとなる。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文711文字)

あわせて読みたい

ニュース特集