メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

中村美律子/橋幸夫=専門編集委員・川崎浩

中村美律子さん=キングレコード提供

中村美律子 股旅もので物語歌う

 演歌・歌謡曲の特筆できる点は、過去を描けることである。ポップスは原則、現在が基点であり、「今の自分の気分」を説明することに注力する。その点、演歌・歌謡曲は時間軸において、ポップスよりはるかに自由なのだ。

 中村美律子の新曲は「弥太郎鴉(やたろうがらす)」とカップリングの「忠治旅鴉」(キング)である。ともに“流し”出身の作曲家宮下健治の作品で、いかにも昭和の盛り場のにおいが漂うドの付く演歌である。もちろん、しまの合羽(かっぱ)に三度笠(がさ)が定番の股旅もの。背景は江戸時代。ポップスでは絶対に描けない歌物語である。

 「男歌はパンチあってええです。この手の物語ものは歌に説得力がないといかんので大変ですわ」とベテラン…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです