連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

冷めてもおいしい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 この秋、本格デビューした宮城米「だて正夢(まさゆめ)」。「炊きたてはもちろん、冷めてもおいしい」との宣伝文句にひかれ、品種開発に携わった宮城県古川農業試験場の主任研究員、遠藤貴司さん(46)に話を聞いた。

 「炊きたての米ばかり食べていますか?」と、いきなりの逆質問。確かに冷めたご飯をレンジでチンして食べることが多い。冷めてもおいしく感じるにはもちも…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集