メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演芸評

桂文之助独演会~男と女のおはなし~ 随一の女性描写、仕ぐさに色気

「男と女のおはなし」をテーマに独演会を開いた桂文之助=大阪市北区で、山田夢留撮影

 軽妙でリズミカル。クールで情の入れ方は薄いが、かえってそれが情を浮き立たせる。大阪には珍しいタイプの噺家(はなしか)。なよっとした姿勢が色気を醸し出す。リズムが良い分、時々言葉をかむのが演者としてのご愛嬌(あいきょう)だ。かつての五代目桂文枝は、女性を描かせては当代随一との枕ことばがついた。現在上方落語界では、桂文之助こそが当代随一だといえるだろう。

 今年の桂文之助独演会は「男と女のおはなし」がテーマ。トップは桂吉弥門下の桂弥太郎「転失気(てんしき…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです