メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局の目

歳末版 老犬神社の忠犬シロ /秋田

 その名を聞いて以来、ずっと気になっていた「老犬神社」(大館市葛原(くぞわら))。11月上旬に初めて、現地を訪れた。木立に囲まれた山の中腹に木造の社殿が静かに建っていた。

 まつられているのは「老犬様」だ。江戸時代、犬のシロは旧南部領の鹿角市大湯でマタギの定六に仕えた。しかし、定六は猟の免状を身につけずに三戸城内に入り込み、投獄、処刑される身となる。窮地に陥った主人を忠犬シロは救出しようとする。シロは定六の刑死後、旧南部領に接する葛原に移り、やがて死んだ。シロの忠誠心は集落の住民たちの胸を打ち、老犬様としてまつられることとなった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです