メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山市 アール・ブリュット 個性輝く障害者アート /北陸

谷内英理菜さんが巻物に延々と描いたトランプ米大統領=富山市新庄町2の新川神社で、青山郁子撮影

 専門的な美術教育を受けていない人が既存の価値観にとらわれずに表現した作品「アール・ブリュット」。元々はフランス語の「生(き)の芸術」を意味し、近年は「障害者アート」の意味で浸透しつつある。【青山郁子】

 富山県高岡市で今夏、設立された障害者芸術活動支援センター「ばーと◎とやま」(米田昌功代表)が、中部7県の22作家を集めた展覧会「HEARTの中のART ボーダレス・アートセッションinTOYAMA」を秋に富山市で開催した。会場は国登録有形文化財「金岡邸」と新川神社。さまざまな障害を持つアーティストたちが驚くような手法で制作した作品が、伝統的日本建築を彩った。

 福井県のムラタクン(19)は小学2年から毎日、紙のロボットを作る。ポスターやカレンダーの裏に、フリ…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文779文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです