メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山市 アール・ブリュット 個性輝く障害者アート /北陸

谷内英理菜さんが巻物に延々と描いたトランプ米大統領=富山市新庄町2の新川神社で、青山郁子撮影

 専門的な美術教育を受けていない人が既存の価値観にとらわれずに表現した作品「アール・ブリュット」。元々はフランス語の「生(き)の芸術」を意味し、近年は「障害者アート」の意味で浸透しつつある。【青山郁子】

 富山県高岡市で今夏、設立された障害者芸術活動支援センター「ばーと◎とやま」(米田昌功代表)が、中部7県の22作家を集めた展覧会「HEARTの中のART ボーダレス・アートセッションinTOYAMA」を秋に富山市で開催した。会場は国登録有形文化財「金岡邸」と新川神社。さまざまな障害を持つアーティストたちが驚くような手法で制作した作品が、伝統的日本建築を彩った。

 福井県のムラタクン(19)は小学2年から毎日、紙のロボットを作る。ポスターやカレンダーの裏に、フリ…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです