メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴鹿市

タブレットで12言語通訳 県内自治体初、試験導入 来年3月15日まで、市役所で検証 /三重

 鈴鹿市は、外国人市民のためにタブレット端末を用いた多言語通訳システムを試験導入した。県内自治体では初の取り組みで、端末画面に映し出された通訳サービス会社の通訳者が、市役所窓口を訪れた外国人と担当職員の会話を通訳する。試験期間は来年3月15日までで、実用性や市民サービスへの効果を検証する。【田中功一】

 利用するのは「ポリグロットリンク」(東京)のサービス「テレビde通訳」。英語、中国語、韓国語、ポル…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです