メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴鹿市

タブレットで12言語通訳 県内自治体初、試験導入 来年3月15日まで、市役所で検証 /三重

 鈴鹿市は、外国人市民のためにタブレット端末を用いた多言語通訳システムを試験導入した。県内自治体では初の取り組みで、端末画面に映し出された通訳サービス会社の通訳者が、市役所窓口を訪れた外国人と担当職員の会話を通訳する。試験期間は来年3月15日までで、実用性や市民サービスへの効果を検証する。【田中功一】

 利用するのは「ポリグロットリンク」(東京)のサービス「テレビde通訳」。英語、中国語、韓国語、ポル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです