メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立近代美術館

アール・ブリュット展示へ 近・現代美術と共に 県が検討 /滋賀

 三日月大造知事が中止を表明した「新生美術館」計画を巡り、県は再開館する県立近代美術館(大津市、休館中)で、新生美術館の「3本柱」を構成していた「近・現代美術」と「アール・ブリュット(生の美術)」を展示テーマとする検討に入った。残りの「仏教美術」は来年度以降、展示のあり方について検討する方針。

 17日に開かれた県議会県民生活・土木交通委員会で、県が明らかにした。県は新生美術館計画が中止になったこと…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです