メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フレンドリータウン協定

3自治体目 飯塚市とアビスパ締結 健康・サッカー教室など連携へ /福岡

 飯塚市は19日、サッカーJ2のアビスパ福岡と「フレンドリータウン」協定を結んだ。市内での健康教室、サッカー教室開催などで連携する。同チームのフレンドリータウンは宇美町、志免町に次いで3自治体目。

 2016年1月に市内で開かれた「健康づくり地域交流フェスタ」以降、協定を模索していた。今後は各種イベントのほか、主催試合での特産品販売や市のPRなども検討するという。

 調印式は市役所であり、チームのマスコット「アビーくん」「ビビーちゃん」も登場。片峯誠市長と川森敬史…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです