メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

米国VS中国 ハイテク覇権争い 軍事直結で先鋭化=専門編集委員・坂東賢治/論説副委員長・及川正也

論説副委員長・及川正也氏

国際ルール確立急げ

 米国と中国によるハイテク覇権争いが激しくなっている。中国のサイバー攻撃への脅威に身構える米国が標的としたのは、中国を代表する通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)だ。次世代通信規格「5G」を巡る争奪戦の様相も呈する。「米中衝突」が本格化する中、日本は健全な国際秩序の構築を主導し緊張緩和を促すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り2045文字(全文2205文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです