米国

トランプ政権、シリア完全撤収を検討 IS掃討作戦巡り 米紙報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は19日、ツイッターに「シリアで、トランプ政権における(米軍)駐留の唯一の理由だったIS(過激派組織『イスラム国』)打倒を成し遂げた」と投稿し、近く駐留米軍を撤収させる考えを示唆した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは同日、トランプ政権が、シリアでISの残…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

あわせて読みたい

注目の特集