メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

戦後最長の景気拡大局面=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 先週、内閣府の景気動向指数研究会が開かれ、現在の景気拡大局面が、戦後の高度成長期の「いざなぎ景気」を抜いたことが確認された。このままだと、来年1月には2002年から6年1カ月続いた「いざなみ景気」を超えて戦後最長になるという。しかしながら、多くの国民の実感は、生活は豊かになってはいないというものだろう。1人当たりの実質所得が伸び悩んでいるからだ。何かおかしい。

 おかしいのは「経済成長」と「景気回復」を混同しているからだ。「経済成長」で大事なのはどれだけ高い成長率を実現できるかで、期間の長さはその次にくる話だ。そして「景気回復」では、どれだけ速やかに不況から回復するかが大事だ。世界大恐慌から速やかに回復するために財政や金融政策が必要だとしたのがケインズ経済学だった。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです