メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニッポンの食卓

第5部 未来へ/4 次代に残したい、在来作物

宝谷カブを手に「未来に残していきたいという思いしかなかった」と語る畑山丑之助さん=山形県鶴岡市宝谷で

 ●慎重に種選び

 「種を残すのにふさわしいのは、弓なりになっていて、付け根がくびれているもの」。山形県鶴岡市で農業を営む畑山丑之助(うしのすけ)さん(88)が、収穫した「宝谷(ほうや)カブ」を見せてくれた。青首で、長さは20センチほど。生で食べると大根のように少し辛みがあるが、煮ると甘くて、食感はジャガイモのよう。市街地から車で約30分の、山深い宝谷地区で昔から栽培されてきた在来作物だ。

 地元住民によって記された「宝谷史」によると、江戸時代の天保年間(1830~44年)には既に作られて…

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2467文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです