メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/4 「米軍のもの」に危機感 金集まらぬベンチャー 革新機構出資で軌道に

三輪玄二郎社長

 <科学の森>

 「面白い研究だからぜひ我々の補助金を出させてほしい。必要な金は全て出す」。2012年夏、再生医療ベンチャー「メガカリオン」(京都市)の三輪玄二郎社長(67)のもとを在日米国大使館の関係者が訪れた。米国防高等研究計画局(DARPA)の意向だと明かし、こう続けた。「その代わり、知的財産権は全て米国のものになる」

 DARPAが目を付けたのは、健康な人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から大量の血小板を作る同社の技…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです