メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

クラブW杯 地元アルアイン決勝

リバープレート戦で競り合うアルアイン・塩谷(右)=アルアインで、ロイター共同

 【アブダビ(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は18日、アラブ首長国連邦のアルアインで行われ、準決勝で開催国枠のアルアインが2-2からのPK戦を制し、南米王者リバープレート(アルゼンチン)を破る波乱があった。

 粘り強い戦いで番狂わせを起こしたアルアインの選手たちは、大歓声の中で喜びを爆発させた。元Jリーガーの塩谷とカイオの活躍で延長に持ち込み、迎えたPK戦で相手の5人目のキックをGKエイサが完璧に読んで阻んだ。マミッチ監督は「この国とアルアインにとって過去最高の結果だ」と顔を紅潮させた。

 1-2の前半終了間際にエルシャハトがネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文758文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです