メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮内庁

大嘗宮の規模縮小 招待者減少で

 宮内庁は19日、皇位継承に伴う皇室の行事を検討する「大礼委員会」を開き、大嘗祭(だいじょうさい)の中心的な行事を行う祭場「大嘗宮(だいじょうきゅう)」の敷地面積を、前回より2割強減らし約6500平方メートルとすることを決めた。招待者が減ることに合わせた。一部建物の工法も見直し、コストの抑制を目指すという。

 大嘗祭は新天皇が五穀豊穣(ほうじょう)と国民の安寧を祈る儀式で、来年11月14~15日に東御苑で行…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです