メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク

船出逆風 上場終値1282円、売り出し以下 競争激化・通信障害・5Gコスト高 成長性に懐疑の目

 ソフトバンクグループ(SBG)傘下の携帯電話子会社ソフトバンクが19日、東京証券取引所第1部に上場した。初値は1463円、終値は1282円で、いずれも売り出し価格(1500円)を下回った。政府による携帯電話料金の値下げ圧力や、中国の通信機器大手を排除する動きなど悪材料を投資家が懸念したとみられ、厳しいスタートとなった。

 取引終了後、東京都内で記者会見した宮内謙社長兼最高経営責任者(CEO)は「いよいよ本格的に自律的、機動的な経営を進めていける。情報革命で人々を幸せにしたい」と抱負を述べた。株価が振るわなかったことには「ここをスタートにして企業価値向上に取り組んでいきたい」とした。最終(当期)利益の85%を目安に配当する方針も示した。

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです