メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイスホッケー

日本製紙、来年3月活動終了 「聖地」衝撃 受け皿探し「簡単ではない」

 日本製紙が拠点を置く北海道釧路市は、王子の拠点の苫小牧市と共に「日本アイスホッケーの聖地」と称されるほど競技熱が高い。極寒で雪が少なく、天然リンクを造るのに最適な気候柄、多くの有力選手を輩出してきた。名門の廃部はトップから子どもたちまで幅広いレベルにダメージを与えそうだ。女子日本代表の飯塚祐司監督は、中学生時代に日本製紙の前身の十条製紙のジュニアチームでプレーした。「まさに憧れであり、地元のシンボルのようなチーム。廃部は競技人口の減少につながる」と懸念する…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです