メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄剤注射

全国高校駅伝23日/下 無月経、骨量不足に

 「引退後に月経が戻れば問題ないと考える人がいるがそれは違う。女性として、とても大事な時期だということを選手、指導者ともに頭に入れてほしい」。婦人科スポーツドクターの高尾美穂医師は、ジュニア選手の指導者を対象とした講習会で、このように訴えている。

 約20年前、米国スポーツ医学会は、女性選手に起こる「利用可能エネルギー不足」「無月経」「骨粗しょう症」の3主徴は相互に関連すると提唱した。

 激しい運動によってエネルギーが不足すると、ホルモンバランスが崩れて月経がなくなる。卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンは骨代謝に関係し、無月経になることで骨量が減少する。骨量が少なくなれば、疲労骨折や骨粗しょう症に結びつく。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです