名古屋駅周辺整備

駅前に三英傑像案 事業費2000億円超 市の計画概要

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2027年のリニア中央新幹線開業を見据えた名古屋駅周辺の再整備計画で、名古屋市は19日、事業費が2000億円超となる概算を明らかにした。国の補助金を活用するほか、鉄道会社と負担割合を協議する。名古屋鉄道が独自に計画する再開発は含めない。

 市によると駅西口(太閤通口)には新設する広場の両端に、民間資金を活用した高層ビルを2棟建設する。建設費用は事業費に含まれていない。ビルの1階部分を…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集