メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バブル、IT、働き方改革 サラリーマン川柳で平成を振り返る

 第一生命保険は20日、平成30年間の「サラリーマン川柳」(サラ川)を振り返るリポートを発表した。好景気の熱に浮かされ、がむしゃらに働いたバブル期から、働き方改革が叫ばれる現在まで、サラ川を通じて世相の移り変わりを描いている。

 1987(昭和62)年から毎年募集してきたサラ川の2017年までの累計応募数は、114万7878句。今回のリポートでは「生活」と「職場」をキーワードに、日本経済の歩みを優秀作から読み解いた。

 バブル景気終盤の90年ごろは、暴騰する不動産を横目にため息をつく「一戸建 手が出る土地は 熊も出る…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです