19年度予算案、21日閣議決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は21日、2019年度予算案を閣議決定する。一般会計の総額は101兆4600億円程度で、前年度当初より約3兆7400億円増えて100兆円の大台を初めて突破する。19年10月の消費税増税などを反映し、税収は前年度当初に比べ約3兆4200億円多い62兆5000億円程度と過去最大を見込む。

 税収が高水準となるほか、税外収入が約1兆3600億円増の6兆3000億円程度を見込む。その結果、新規国債発行…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

ニュース特集