メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

林野庁「美しの森」に問題事例 倒壊寸前の山小屋、倒木で通れぬ道

野反自然休養林の八間山山頂付近の遊歩道沿いで見つかった倒壊寸前の木造小屋=報告書より抜粋

 「バリアフリー遊歩道」なのに倒木で通れない。倒壊寸前の山小屋――。林野庁が観光誘客を図り2017年に選定した国有林「美しの森」(全国93カ所)。群馬県内の2カ所を含め、その一部で、こんな“美しくない”実態が、関東管区行政評価局が19日公表した報告書で明るみに出た。維持管理や安全性に問題があるとして、関東森林管理局に対し6カ月以内に改善状況を報告するよう求めている。

 「美しの森」は、優れた自然景観に恵まれ、登山やハイキング、キャンプなどの観光誘客に生かせるとして、…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです