メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体力テスト、中学男女と小学女子で過去最高

体力合計点の推移(国公私立)

 スポーツ庁は20日、2018年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の結果を公表した。50メートル走や立ち幅跳びなど8種目を点数化した体力合計点は小学校女子と中学校の男女で08年度の調査開始以来、それぞれ最高を更新した。中2男子では50メートル走で平均7秒99と初めて8秒台を切った。

 調査は4~7月、国公私立の小学5年と中学2年の計206万人を対象に実施。80点満点で小5男子が54.21点(前年度比0.05点増)、女子が55.90点(同0.18点増)。中2男子が42.18点(同0.22点増)、女子が50.43点(同0.63点増)と、いずれも前年度から向上した。小5女子は5年連続、中2女子は4年連続で過去最高を更新した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです