メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「たけくらべ」自筆原稿、オークションに出品へ 樋口一葉の名作

樋口一葉自筆の「たけくらべ」の題字が1枚目の原稿に記されている。赤字はルビ=東京都江東区で2018年12月4日、梅村直承撮影

 近代日本文学屈指の名作、作家・樋口一葉(1872~96年)の小説「たけくらべ」の自筆原稿が来年1月、東京都内のオークションに出品される。とじられた原稿用紙75枚の完全版で、保存状態は極めていい。専門家は研究上の重要性も高い資料とみている。

 「たけくらべ」は95年から雑誌「文学界」に連載後、96年4月に別の雑…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです