夢洲新駅にタワービル、大阪メトロが構想 大阪万博会場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪メトロは20日、2025年国際博覧会(万博)の会場となる大阪湾の人工島、夢洲(ゆめしま)に高さ約275メートル(55階建て)の高層タワービルを24年度中に整備する構想を公表した。中央線を延伸して新設する夢洲駅(仮称)と一体化させ、商業施設やホテルなどが入る。

 構想では、低層階を商業施設、中・高層階をオフィスやホテルとし、最上階に展望レストランを設置。…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集