メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フルフラットバスお披露目 25日から国内路線バス初運行 バリアフリー化進める

車両後方に段差がなく、25日から運行を始める都営バスの「フルフラットバス」=都庁第1本庁舎正面玄関で2018年12月20日、森健太郎撮影 

 東京都交通局は25日から、車内床面の段差を解消した「フルフラットバス」を都営バスで運行する。通路後方の段差をなくすことで、高齢者や障害者らが車内を移動しやすくなり、前方で滞留しがちな乗客の混雑緩和も期待される。フルフラットバスの運行は、国内の路線バスでは初めて。都は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、公共交通のバリアフリー化を進める。【森健太郎】

 20日に都庁前で、報道関係者にフルフラットバスが公開された。まずJR大塚駅と錦糸町駅を結ぶ1路線で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです