メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ミュージシャン(元フィンガー5)・晃さん 登山で自分を洗濯、思った通り歌う力に

元フィンガー5の晃さん。「山は五感をすごく刺激する。僕の音楽にも影響していると思う」=東京都千代田区で、丸山博撮影

 トレードマークの大きなサングラスをかけている。澄み切ったパワフルな歌声で日本中を魅了したおませな小学生は今、ちょっぴり渋めの57歳。

 「子供だったイメージが強すぎて、五木ひろしさんや千昌夫さんなど大御所の人たちに会うと、『お前、ずいぶん大きくなったなあ』って必ず言われるんです。そんな時、『俺、もう中学2年の孫がいるんだけど』って言ってやるの、わざと」。相手の驚く顔を思い出したのか、ニヤッと笑う。かつての少年の面影がかすかに浮かんだ。

 父が沖縄でクラブを経営しており、店で流れる米国のブラックミュージックに浸って育った。バンド活動をし…

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです