特集

シネマの週末

ベテラン映画記者が一本の映画をさまざまな視点から論評を加えます。チャートの裏側も紹介。

特集一覧

シネマの週末・この1本

アリー/スター誕生 ガガの歌声に陶酔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 レディー・ガガという人は歌手という枠にとどまらない表現者なのだ、とつくづく感じさせる作品だ。

 歌手を夢見ながら場末のバーで歌うアリー(ガガ)は偶然、店を訪れた国民的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー、監督も兼務)に歌の才能を見いだされる。人気ミュージシャンとして走り続けることに疲れ、アルコールと薬物に依存するジャクソンは、アリーを育てることが自身の支えにもなり、2人は深く愛し合う。

 過去3回、映画化された名作のリメーク。限界が見えてきた中年男が、才能ある若い娘に入れ揚げる気持ちは分からないでもないが、もっと共感を得られそうなのはアリーが自分の容姿にコンプレックスを持っていること。「私は鼻が大きいから」「歌は良いけど見た目が悪いと言われる……」といったせりふには親近感を覚える。また、Tシャツにジーンズ、そしてほぼスッピンのアリーが、ジャクソンから「歌ってくれ」と無理やりステー…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1327文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集