メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大槌町旧庁舎

解体差し止め住民訴訟が結審 来月17日判決 盛岡地裁 /岩手

 東日本大震災で多数の職員が犠牲になった大槌町旧役場庁舎の解体工事を巡り、住民団体代表らが平野公三町長に工事と公金支出の差し止めを求めた訴訟は20日、盛岡地裁(中村恭裁判長)で口頭弁論があり、結審した。判決は来年1月17日。

 最終弁論で、住民団体代表の高橋英悟住職は「犠牲になられた命を無駄にしないため、私たちは何をすべきか、改めて立ち止まり考えるきっかけになれば」と述べた。

 最大の争点は、地方公共団体の財産について適正な管理・運用を求めた地方財政法8条を地裁がどう判断するかだ。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです