メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前へ!都大路

全国高校駅伝/下 女子・大曲 闘志燃やす「挑戦者」 /秋田

 4日夕、大曲高の選手たちは冷たい雨風が吹き付ける中、学校から約1キロ離れた大仙市大曲若葉町の道路の陸橋部分で、アップダウンを利用した練習に取り組んでいた。10~12回往復し、4キロ前後を走る。すれ違う際、選手たちは「ガンバ!」などと声をかけ合っていた。

 2011年の優勝を最後に、過去6年は県大会で2位が5回、3位が1回と、都大路にあと一歩届かない時期が続いた。「選手たちに、『勝つことで見える世界』があることを教えたかった」。選手時代の1994年、仙台育英高(宮城県)の一員として都大路の4区を走り、全国優勝の経験がある小澤裕子監督(40)は語る。10月の県大会では目標タイムは設定せず、まず「勝つこと」を見据えて区間配置やレース展開の戦略を練った。

 7年ぶりの悲願を達成したチームを、小澤監督は「エース不在で人一倍の努力が必要だった」と評する。中学…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです