メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路に挑む

全国高校駅伝・23日号砲/上 男子・水城 10年連続13回目 県最高記録に照準 /茨城

県予選の反省バネに精進

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)は23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に開かれる。県内から、男子は10年連続13回目の水城が、記念大会の女子は3年連続22回目の茨城キリストが出場する。号砲を前に、急ピッチで調整する両チームを紹介する。【韮澤琴音】

 最終7区の永岡佑樹選手(2年)が両手を高々と掲げ、フィニッシュした。10月の県予選。前人未到の10連覇に、会場は大歓声に包まれた。連続優勝を大台に乗せ、「県内無敵」を証明した形だが、メンバーたちの自己評価は低かった。「思い描いていた走りができなかった」「後続の東洋大牛久に距離を詰められた」--。昨年の都大路で過去最高の10位をマーク。県予選は通過点に過ぎないという思いがあるからこそ、手放しでは喜…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  2. 「僕たちは世界を変えることができない」 原作医師がパレスチナにマスクを送る理由

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです