冬風夏雷

腑に落ちぬ人手不足 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2016年に公開されたドキュメンタリー映画「牡蠣(かき)工場」は、瀬戸内海に臨む美しい漁村を舞台に、過疎化や高齢化、グローバル化を浮き彫りにした映画だ。カキむきに従事する人が減り、外国人技能実習生を迎えるのだが、根本的な解決策は見つからない。

 当時、インタビューした想田和弘監督の言葉が今も胸に残る。「『勉強してスーツを着て大企業で働くことが大事』という圧力を社会から受けてきたが…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

ニュース特集