メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬風夏雷

腑に落ちぬ人手不足 /群馬

 2016年に公開されたドキュメンタリー映画「牡蠣(かき)工場」は、瀬戸内海に臨む美しい漁村を舞台に、過疎化や高齢化、グローバル化を浮き彫りにした映画だ。カキむきに従事する人が減り、外国人技能実習生を迎えるのだが、根本的な解決策は見つからない。

 当時、インタビューした想田和弘監督の言葉が今も胸に残る。「『勉強してスーツを着て大企業で働くことが大事』という圧力を社会から受けてきたが…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです