メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/18 「誕生」と「みとり」 家族いる自分の家で /東京

初めての息をし、最後の息をひきとる。内藤先生は「誕生」と「みとり」をセットのテーマにして講演した=新潟市で

 新潟市で12月上旬、「日本死の臨床研究会」の年次大会が開かれた。緩和病棟やホスピスなどで働く医師や看護師、ケアスタッフが、人生最後の医療やみとりの意義を確認し、実践報告で学び合う。ここ数年ずっと参加してきたが、現場での苦悩の報告を聞いて泣き、前向きに患者にかかわる姿勢に感動もした。もちろん報告者はプロだから、涙とは無縁だと思うのだけど。

 今回のテーマは「ひらかれた看取(みと)りをすべての人と~『いのち』と『死』を見つめて~」だった。人…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです