メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/18 「誕生」と「みとり」 家族いる自分の家で /東京

初めての息をし、最後の息をひきとる。内藤先生は「誕生」と「みとり」をセットのテーマにして講演した=新潟市で

 新潟市で12月上旬、「日本死の臨床研究会」の年次大会が開かれた。緩和病棟やホスピスなどで働く医師や看護師、ケアスタッフが、人生最後の医療やみとりの意義を確認し、実践報告で学び合う。ここ数年ずっと参加してきたが、現場での苦悩の報告を聞いて泣き、前向きに患者にかかわる姿勢に感動もした。もちろん報告者はプロだから、涙とは無縁だと思うのだけど。

 今回のテーマは「ひらかれた看取(みと)りをすべての人と~『いのち』と『死』を見つめて~」だった。人…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです