メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和・協同ジャーナリスト基金賞

憲法考える2冊受賞 津幡の主婦・水野スウさん、荒井なみ子賞 /石川

賞状を手に笑顔を見せる水野スウさん=石川県津幡町津幡で、石川将来撮影

 エッセイストとして活躍する津幡町の主婦、水野スウさん(71)が憲法についての考え方をまとめた2冊の著書が、平和報道などに貢献した個人や団体を表彰する「第24回平和・協同ジャーナリスト基金賞」の荒井なみ子賞に選ばれた。水野さんは自宅で市民と憲法を語る「草かふぇ」などの取り組みを続けており、受賞に「地味な活動に光を当ててもらい、勇気と誇りをいただいた」と笑顔を見せた。【石川将来】

 基金は市民の寄付で運営され、歴史家の色川大吉さんらが代表委員を務める。今年は、同賞に活字と映像の9…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです