メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リキュール

紀州の果実×日本酒 ほどよい酸味 /和歌山

新姫の果汁と吉村秀雄商店の日本酒でつくったリキュール「紀州の一雫」を手にするYアルコの加藤隆義社長=和歌山県田辺市役所で、藤田宰司撮影

 岩出市の酒造会社吉村秀雄商店の日本酒に三重県熊野市特産のかんきつ「新姫(にいひめ)」の果汁をブレンドしてつくったリキュール「紀州の一雫(ひとしずく)」が発売された。

 新姫は、スダチやシークワーサーに似た直径3センチほどの酸味の強いかんきつ。1997年に品種登録され、熊野市新鹿町の農家26軒が年間二十数トンを生産している。

 熊野市ふるさと振興公社が今夏、果汁を使ったお酒の開発を新宮市の酒類食品卸会社Yアルコに依頼し、吉村…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです