メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

「出雲の分も戦う」 石見智翠館の壮行会 江津 /島根

市民壮行会で檀上に並んだ石見智翠館の選手たち=島根県江津市江津町のパレットごうつで、柴崎達矢撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に出場する石見智翠館(江津市)の市民壮行会が20日、同市の「パレットごうつ」であった。田中寛大主将(18)は「(県予選決勝で破った)出雲高校の分も戦いたい。今年こそ日本一を取るので、皆さん応援よろしくお願いします」と抱負を述べた。

 同高ラグビー部後援会が主催し、3年生部員36人と市民約50人が参加。安藤哲治監督(45)は今夏、地元を襲った豪雨の被災地で選手がボランティア活動をしたことに触れ、「逆に『頑張ってね』と言葉をいただき勇気づけられた」と振り返った。参加者らは万歳三唱して選手を送り出した。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです