メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

俳人・種田山頭火 河内貯水池畔(八幡東区河内) 苔むす墓に自らの境遇重ね /福岡

 漂泊の俳人。自由律俳句の鬼才。特異な生き方への注目もあり、山頭火は、今も根強いファンを持つ。野垂れ死に覚悟で禅僧として修行しながら各地を放浪し、五市合併前の北九州にも何度も訪れた。複数の句碑から足跡をたどることができる。

 その一つ、河内貯水池畔の碑は、八幡東警察署河内駐在所から徒歩数分の観音堂境内にある。初めて八幡に来た1930(昭和5)年11月、付近を散策した時に詠んだ句が、本人の直筆で刻まれている。

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1400文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです